辛口厳選!私の美容ドリンクランキング【シワ&シミ】
 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンDとは

 

ビタミンDはご存知の通りビタミンの一種で、油に溶けやすい脂溶性のビタミンです。水に溶けやすい水溶性のビタミンとは違って調理がしやすいのがポイントです。魚介類やキノコ類に多く含まれており、ビタミンDにはカルシウムの吸収を助ける働きがあるため乳製品と一緒に取るのがベターでしょう。

 

ビタミンDの体内合成

ビタミンDは日光を浴びることで体内で合成することも出来ます。皮膚にあるコレステロールの一種の7-デヒドロコレステロールが日光に含まれる紫外線を浴びることによってビタミンDに変換されるのです。つまり日照時間が短い地域や屋外にいる時間が短い方は紫外線による体内でのビタミンD合成が減っているため、通常に比べて体内のビタミンDの量が少ない可能性があります。一般的には紫外線はお肌に良くないからと日光を遮断したがると思いますが、実は適度な日光浴はビタミンDの合成に役立っていたのです。

ともえイラスト
あくまで適度な日光浴で、紫外線の浴びすぎは逆効果!

 

ビタミンDの効果

■骨や歯の強化
ビタミンDにはカルシウムの吸収に必要なタンパク質の合成を促進させる働きがあるので、カルシウムの吸収がよくなります。吸収されたカルシウムが血液に乗って届くことで骨や歯が丈夫になります。カルシウムが不足するとイライラしやすくなると言われていますが、カルシウムを摂取しても効果が薄い場合にはビタミンDが足りてないのかもしれません。

■筋肉の強化
ビタミンDは骨の強化だけではなく筋肉にも関係しています。血中のビタミンDの量が少ないと筋肉の中にある脂肪の量が多いことが研究でわかったそうです。筋肉の中に脂肪が多いということは筋肉が働く邪魔をしていることになるので、本来の力は出せていないということになります。また筋肉は骨の周りについているものなので筋力が上がればそれだけ骨を支えることもでき、骨折などをしにくくなります。

ともえイラスト
骨や歯だけじゃなくて筋肉にも関係していたのねぇ

 

ビタミンDの1日の摂取量

骨や筋肉など体内で活躍するビタミンDですが、脂溶性のビタミンなので水溶性ビタミンとは違い体内に蓄積されます。成人で男女ともに1日のビタミンD摂取目安は5.5マイクログラム(5.5μg)、許容上限量が100マイクログラム(100μg)となっています。過度の摂取を続けると過剰症になってしまうので気をつけましょう。

 

 

ページのトップへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 


わ・た・し・の
おすすめビタミンD入り美容ドリンク♪

 

森永のおいしいコラーゲンドリンク

森永のおいしいコラーゲンドリンクのデータ
  • 法令線が少し薄くなったような感じがします♪
  • 乾燥肌に良くて、保湿バッチリです
  • 即効性が感じられました
  • 肌の奥から指を押し返すような弾力を実感しました
  • 何より安くて、それに紙パックだから飲んだらゴミ箱に捨てられる
ミニアイコン月額5千円台でコラーゲン10.000mgが毎日飲める!

森永のおいしいコラーゲンドリンク体験談ページへ
森永のおいしいコラーゲンドリンク注文ページへ