辛口厳選!私の美容ドリンクランキング【シワ&シミ】

コラーゲンとは?美肌効果と上手なコラーゲンドリンクの選び方

2017/11/202017/11/20
コラーゲンとはタンパク質の一種で、真皮・靭帯・骨・軟骨などに含まれ、人体を構成する全タンパク質のおよそ30%を占めている成分です。コラーゲンの美容に関する働きは真皮層で細胞同士を繋ぎ、支える役割を担っています。また健康面では関節の軟骨でクッションの役目を果たしたり、腱で伸びる力に抵抗するなど弾力性を発揮しています。コラーゲンを経口摂取すると体内でアミノ酸に分解されてしまいますが、体内でコラーゲンを生産する際にこのアミノ酸が必要になってきます。体内でのコラーゲン生産は線維芽細胞によって行われていますが、加齢によって線維芽細胞の働きが鈍ることでコラーゲンの生産量が減っていきます。これによって美容や健康に影響が出てくるようです。  

コラーゲンの効果

美肌効果
コラーゲンは真皮の約70%占めており、細胞同士を繋ぎ支えることで肌の弾力性を保つ働きをしています。コラーゲンを摂取すると体内でアミノ酸に分解されますが、このアミノ酸が体内でコラーゲンを生産するのに必要なのです。分解されたアミノ酸とビタミンCを使って線維芽細胞が新しくコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを生産します。ヒアルロン酸は肌の保湿機能を高め、エラスチンは弾力性に欠かせない成分となっています。いずれもハリやツヤなど肌の美しさに関わる成分なのでコラーゲンの美肌効果と言えるでしょう。
関節痛の予防・改善
コラーゲンが存在するのは肌だけでなく、関節にも多く存在します。そもそも関節痛の起こる原因は骨と骨の間にある軟骨がクッションの役割を果たすはずが、加齢などによりすり減ってしまったりすることで骨同士が擦れて痛みを伴うのです。関節の曲げ伸ばしや衝撃によって関節にある軟骨はすり減りますが、軟骨は再生するので基本的には問題ありません。しかし加齢によってその再生機能が衰えたり、栄養不足によって軟骨の再生能力が落ちていると擦り減っていく速度に再生が追い付かないので関節痛の原因となってしまいます。コラーゲンをとることで軟骨の再生を手助けしてくれるので関節痛の改善になります。
骨の強化
骨を強くするというとカルシウムを思い浮かべると思いますが、実はコラーゲンも重要な働きをしているんです。骨におけるコラーゲンの役割は骨のしなやかさを保つことです。よく鉄筋コンクリートに例えられ、コラーゲンが鉄筋、カルシウムがコンクリートと表現されています。また肌と同じように骨も代謝を繰り返し、常に新しい骨に生まれ変わっています。この代謝は骨を作る骨芽細胞と骨を壊す破骨細胞によって行われています。破骨細胞が古くなった骨を壊し、骨芽細胞が壊れた部分に土台となるコラーゲンを含むタンパク質を埋め込み、そこにリンやカルシウムが付着することで新しい骨が出来上がっていきます。

骨粗しょう症の予防にカルシウムが良いのはよく耳にすると思いますが、鉄筋コンクリートの例からカルシウムだけではただ硬い骨になってしまい、外圧がかかるとすぐに折れてしまいます。コラーゲンによるしなやかさをプラスすることによって丈夫な骨になります。
コラーゲンを摂る事は外見にも内面にも良い。健康のためにも毎日しっかり摂る事が大切です。
 

コラーゲンを摂っても意味が無い?コラーゲンとアミノ酸の関係性!

良く「コラーゲンをどれだけ摂っても結局分解されてアミノ酸になるから意味がない」と言われていますが、そもそも肉体は食事から作られる事を考えると、コラーゲンを生成するのに必要なアミノ酸を摂らなければコラーゲンが生成されにくい身体になってしまい、見た目が老けて見える原因にもなっていってしまいますので、しっかりコラーゲンを摂る事が体内の生成を助ける事になります。

それでは実際に、コラーゲンの合成のために必要とされているアミノ酸は何なのかを見て行きましょう。コラーゲンはタンパク質の一種なので細かくするとアミノ酸になります。コラーゲンに関するアミノ酸は多くありますが、主なのは以下の4つです。

グリシン
コラーゲンの3分の1はこのグリシンによってできています。体のリズムを促し、寝つきが良くなる効果もあります。
プロリン
コラーゲンを構成する要素の他に脂肪燃焼効果や関節痛を改善する効果もあります。
アラニン
天然保湿成分として化粧品に含まれることも多いアラニン。肝臓の機能を良くし、アルコールの分解を促進させるの二日酔いにも効果があります。また長時間の運動時にもアラニンが消費されます。
ヒドロキシプロリン
コラーゲンの3本螺旋の構造を安定化させる働きがあります。プロリンが変化した形ですが、その変化の過程でビタミンCが必要になります。
コラーゲンを摂る事がコラーゲンに必要な材料(アミノ酸)を補給する事に繋がります。
 

コラーゲンの吸収を阻害する物をチェックしよう

コラーゲンを摂取しても体内に吸収されなければ意味がありません。かといって大量にとっても副作用こそないものの便として排出されてしまうので勿体ないですよね。体内に吸収されやすくする方法をここで学んでおきましょう。
コラーゲンの敵とは?
体内の全たんぱく質の内30%も占めるコラーゲンは様々な要因によって減少してしまいます。コラーゲンが減少すると美容のみならず、髪・爪・骨や軟骨・体のめぐりにも影響が出てくるのでしっかりおさえておきましょう。
    コラーゲンを減少させる要因
  1. 加齢
  2. 紫外線
  3. ストレス
  4. 睡眠不足
  5. 食生活の乱れ
  6. 過度なダイエット
コラーゲンは食品から取りにくい?
コラーゲンは手羽先・鳥軟骨・牛スジ、高級食材で言えば有名なフカヒレやすっぽんなどがあります。その他にも様々な食品にコラーゲンは含まれていますが、コラーゲンが含まれる食品は脂肪分も豊富に含まれていることが多いのです。つまり必要なコラーゲンを食品から得ようとしても食事量やカロリーが多くなってしまうため、美容や健康のためのつもりが本末転倒になってしまいます。コラーゲンのサプリなどで足りない分を補えば余計なカロリーや脂肪を取らずに済むのでおススメです。またビタミンCを一緒に取るとコラーゲンの生産量が向上するので合わせて摂取するようにしましょう。
毎日の生活習慣に気を付けながらコラーゲンドリンクを摂る事が大切です!
 

コラーゲン選びはこれで決める!色々あるコラーゲンの種類

「とにかくコラーゲンドリンクを飲めば大丈夫!」という訳ではなくて、野菜を選ぶ時のようにコラーゲンドリンクにも色々選ぶ基準が存在します。体の相性もあるのですが、この基準を参考にして是非自分の体にピッタリのコラーゲンドリンクを探してみて下さい♪  
『コラーゲンペプチド』を選ぶ!
通常コラーゲンは分子量が大きく、摂取しても体内に吸収されにくいのです。そこで分子量を人工的に小さくして体内への吸収率を上げたものがコラーゲンペプチドです。低分子コラーゲンやナノコラーゲンという表現も見かけますがこれもコラーゲンペプチドのことです。また分子量を小さくしただけでなく、加熱や冷却をしても状態変化を起こしにくいので美容ドリンクや美肌サプリに利用されるようになりました。実際に美肌サプリや美容ドリンクなどに含まれるコラーゲンペプチドならゼラチンよりもコラーゲンの大量摂取が可能となります。

また「ジペプチド」や「トリペプチド」という表現を見たり聞いたりすることもあると思います。ペプチドはタンパク質を小さくしたものですが、そもそもタンパク質はアミノ酸の集合体です。このアミノ酸がいくつ繋がっているかで呼び方が変わります。2個の状態を「ジペプチド」、3個の状態を「トリペプチド」、4〜10個の状態を「オリゴペプチド」、10〜100個の状態を「ポリペプチド」と呼ばれています。  
『海洋性コラーゲン』を選ぶ!
海洋性コラーゲン
魚の骨・皮・ウロコを原料としたコラーゲンの総称です。
  1. 熱に弱い
  2. 脂質がほぼ無くコレステロールの心配がいらない
  3. コラーゲン濃度が高まっても臭いが少ない
  4. 動物性コラーゲンより高価である
  5. 動物性コラーゲンに比べて分子量が小さいので吸収が良い

動物性コラーゲン
豚や鳥を原料としたコラーゲンの総称です。
  1. 熱に強いため加熱調理が可能
  2. 脂質などが混ざってしまうためコラーゲンの純度が低め
  3. コラーゲン濃度が高まると独特の臭いを発する
  4. 海洋性コラーゲンに比べて低価格で手に入る
  5. 分子が大きいので吸収に時間がかかる
以前は牛を原料としたコラーゲンも利用されていましたが、狂牛病の問題があるため利用されなくなりました。
すっぽんコラーゲン
すっぽんを原料としたコラーゲンです。すっぽんには豊富なアミノ酸が含まれています。コラーゲンはタンパク質の一種なのでアミノ酸の集合体といことになります。体内でコラーゲンを生産する際にアミノ酸が使われますが、コラーゲン自体を摂取するのではなくこのアミノ酸を摂取することによって体の中からコラーゲンを作り出そうとするのがすっぽんコラーゲンです。  
『低分子コラーゲン』を選ぶ!
通常のコラーゲンでは体内への吸収率が悪く摂取しても排出されてしまうので、低分子化されたコラーゲンを利用することで体内にスムーズに取り込むことができます。昔はコラーゲンは分解されたアミノ酸でなければ吸収することができないとされていましたが、研究によりトリペプチドやジペプチドの状態でも吸収されることがわかってきました。複数くっついた状態で吸収されるということはアミノ酸単体よりも吸収効率が良いということになります。  
腸環境を改善する
アミノ酸として体内に吸収されるのは腸です。つまり腸の調子を良くすることによって吸収効率を上げることに繋がります。まずはお腹を冷やさないこと。腸の温度が低下すると分解酵素の働きが弱まるので腸機能の低下に繋がります。次に食物繊維や発酵食品をとること。発酵食品に含まれる善玉菌によって腸内での善玉菌優勢の状態を作ることで腸内環境を整えてくれます。  
質の良い睡眠をとる
質の良い睡眠をとることはコラーゲンの吸収に関わらず美容・健康のためにとても重要です。ストレスや睡眠不足はホルモンバランスの乱れや内臓機能の低下に繋がります。また入眠から3時間程に成長ホルモンが分泌されるので美肌サプリ等の摂取はこのタイミングがよいでしょう。  
コラーゲンの生産を促すなら『ツバメの巣』や『プラセンタ』を同時配合した物を選ぶ!
線維芽細胞によって体内のコラーゲンが生産されているので、この線維芽細胞の働きを活性化することでよりコラーゲンの量を増やすことができます。FGF(線維芽細胞増殖因子)をとることで線維芽細胞の活動が活発になりコラーゲンの生産量が上がるためアンチエイジングとして効果的です。FGFは通常の食品には含まれておらずプラセンタやツバメの巣に含まれているので美肌サプリや美肌ドリンクでの摂取することになるでしょう。
コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリは
  1. コラーゲンペプチド
  2. 海洋性コラーゲン
  3. 低分子コラーゲン
  4. ツバメの巣やプラセンタが同時配合されている
上記のような物を選びましょう♪
おすすめコラーゲンドリンク一覧
アスタリフト・コラーゲンドリンク
アスタリフト・コラーゲンドリンクのデータ
  • 1日で肌にハリを実感
  • 素肌のキメが細かく、綺麗になった感じ♪
  • 色素が沈着して濃くなってたシミが薄くなった気がする

ミニアイコン低分子マリンコラーゲン10.000mgで毎日肌ケア♪

アスタリフト体験談ページへ
アスタリフト注文ページへ

美・皇潤EX
美皇潤EXのデータ
  • シワに対する効果を実感出来ました!
  • 即効性が感じられた
  • 肌荒れや乾燥肌に良く、肌がしっとりします
  • 化粧ノリがバッチリ良くなってメイクが簡単になった
  • たるみや毛穴が全く目立たなくなった
  • 透明感・清潔感を感じた

ミニアイコンツバメの巣と発酵プラセンタを同時配合!シワや乾燥肌のハリ・潤いに重点を置いた高級美容ドリンクです♪

美皇潤EX体験談ページへ
美・皇潤EX注文ページへ