辛口厳選!私の美容ドリンクランキング【シワ&シミ】

EGFとFGFとは

 

EGF(上皮成長因子)とは

EGF(Epidermal Growth Factor、ヒトオリゴペプチド-1)とは53個のアミノ酸からなるタンパク質でグロースファクター(成長因子)の一種です。火傷や傷の回復や皮膚移植、角膜切開の回復など医療分野で利用されており、それらにより新しい細胞の成長を促進したり調整する働きがあることが分かりました。1986年にノーベル賞を受賞し、2005年に厚生労働省が化粧品への配合を認可しました。
発見当時は1g8000万円と非常に高額でしたが研究や技術の進歩によって今日の化粧品や美容ドリンクなど、一般的に利用できるようになりました。

 

EGFの効果

EGFは上皮成長因子という別名からも分かるように表皮の肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促し、新しい肌細胞を生み出す効果があります。通常であれば肌の新陳代謝は約28日で完了しますが、加齢によってこの周期が遅れてきてしまいます。25歳前後から体内のEGFは減少を始め、40代には全盛期の半分以下の量まで減ってしまいます。そしてEGFの減少と同時にコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど肌を構成する重要な成分の生産力も落ちてしまうため、ハリやツヤが失われたり、シワが目立つようになったりなど肌の老化現象が起きてきます。

 

EGFの摂取について

EGFを摂取するには美容ドリンクや美肌サプリを利用するのが一般的でしょう。EGFに関しては摂取量に制限がなく、仮に大量に摂取したとしても不要な分は排出されてしまうので安心して摂取することができます。

まとめ
EGFは表皮で活躍し、肌の新陳代謝を促すことで美肌効果を期待できる。

FGF(線維芽細胞増殖因子)とは

FGF(Fibroblast Growth Factor、ヒトオリゴペプチド-13)とは23種類ありグロースファクターの一種で、真皮に存在する線維芽細胞を活性化させる成長因子です。化粧品や美容ドリンクなどに含まれる美容成分としてコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは知られていると思いますが、これらは元々体内に存在し生産されているものです。そしてこれらを真皮で生産しているのが線維芽細胞なのです。

 

FGFの効果

お肌の曲がり角と言われる20代後半からコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの減少が始まり40代には半分以下になってしまうと言われています。加齢により線維芽細胞の働きも衰え、肌に必要な成分の生産量が落ちてしまうのも原因のひとつです。FGFはコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを生産する線維芽細胞が活性化されるので肌の新陳代謝が促進されます。つまりFGFはアンチエイジングとして効果的ということです。EGFは肌の外側で働いていましたがFGFは肌の内側から肌を元気にしてくれるのでどちらも重要な成分と言えるでしょう。

 

まとめ
FGFは真皮で活躍し、線維芽細胞を活性化させることでコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生産を促す。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 

 ◆EGF・FGF関連記事一覧


わ・た・し・の
おすすめEGF・FGF入りドリンク♪

 

メディキュアプラセンタドリンク

メディキュアプラセンタドリンクのデータ
  • 急に用事が出来ても対応しやすい即効性のある美容ドリンクが欲しい
  • マイナス5歳肌を目指したい!
  • 馬プラセンタやアスタキサンチンの配合された美容ドリンクを安定して飲みたい
  • プルンとした弾力肌より透き通る肌が欲しい
ミニアイコン馬プラセンタ40000mgが透き通りを求める方に強烈なポイントです!

メディキュアプラセンタドリンク体験談ページへ
メディキュアプラセンタドリンク注文ページへ